フランス語の学び方

フランス語の勉強のやり方って?

フランス語を勉強するにあたっての、基本的な事を簡単に紹介します。
各国、どの言語にも必要なのは、「読み・書き」「聞く・話す」という事でしょう。
まず、「読み」についてですが、とにかく声にだして読んでください。
簡単な表現で書かれている短編小説や詩を読むといいですね。
そして、「書き」についてですが、基本的な例文や短い文から覚えていくのが効果的です。
その際、同じ言葉でも「俗語」といって、いくつも違ういい方に変える事ができる文もでてきます。
自分が話す際に使用する例文だけを、特に集中して覚えて、類似例文は「こんないい回しもあるんだ」くらいの感覚でさらっと覚える事が鍵となってきます。
基本的な表現や、お決まり文句を書いて習得したら、自分の年齢から始まり、話したい事を毎日書き綴る癖をつけましょう。
正しく文章を書く事ができなければ、会話も成り立たないのがフランス語の特徴です。
なので、今あるボキャブラリーの中で、自分なりの表現の仕方を探してみましょう。
続いて、「聞く」についてですが、発音が聞き取りやすいフランスの音楽や、教材についているCDを何度も聴いて耳を慣れさせましょう。
最後に、「話す」ですが、読み書きができて聞く力がついてきたら、自然と話せるようになります。
フランス語は不規則に働く動詞が90種類もあるといわれています。
勉強をする上でとても面倒に思われがちですが、いくつかのパターンに分ける事もできたり、類似文法も存在するので案外簡単かもしれませんよ。

関連サイトやお役立ちサイトの紹介です。

個人再生や借金の無料相談
個人再生をしようと思っている方、司法書士・弁護士もう弁護士・司法書士には相談したでしょうか?借金返済問題の解決なら、専門家に相談するのが最善策です。

関連サイト、お役立ちサイト紹介

個人再生など借金とお金の無料相談
個人再生をしようと思っている方、司法書士・弁護士もう弁護士・司法書士には相談したでしょうか?借金返済問題の解決なら、専門家に相談するのが最善策です。