フランス語を生かせる職業って?

フランス語を生かせる職業って?

フランス語を学習するにあたって、日本のフランス語教室へ通ったり、実際にフランスへ留学して語学を習得したりと、様々な学習方法があります。
ですが、将来、その知識を生かした職業に就きたいと思っている方は、どれくらいいるのでしょうか。
フランス語は、世界各国で公用語となっていますが、英語よりも需要が少ないです。
まして日本国内では、首都である東京やフランス人移住者が多い京都以外では、フランス語を生かせる職業に就く事はとても難しいのが現状です。
しかし、フランス語ができると便利な仕事は意外にあるのも事実です。
フランス語ができるからといって、絶対にそのような職業に就けるというわけではないですが、参考までに紹介します。
まず、語学を生かす職業で最初に思いつくのは、通訳・教師・翻訳家ですよね。
教師と一言でいっても、フランス人に日本語を教える日本語教師やフランス語教室での講師、大学での講師など様々あります。
翻訳家も、一般的にフランス語を日本語に訳す事だけではなく、参考書を執筆する職業もあるようです。
他にも、服などを買いつけに行くバイヤーであったり、パティシエやフレンチレストランの従業員があります。
商社や旅行会社、放送関係などでもフランス語が話せる人材を必要とすることがあるかもしれませんが、フランス語だけでなく、英語もできないと難しいと思います。
また、語学以外の能力なども重要視されるでしょう。

関連ページ

フランス語をキーボードで打つには?
フランス語は発音の難しい言語で、特に日本人が習得するのは、とても難しいことです。ですが、喋ることができるようになるとかっこいいですよね。ここでは、フランス語の勉強の仕方、コツを紹介しています。